玉川太福の浪曲を聴く

2015年11月29日のイベントを振り返ります。

曽野木公民館で浪曲師・寿々木米若の講座を4回行いました。

それらはこのブログでも記載しましたので、省略しますが、

最後の講座は実際に生の浪曲を聴く会になりました。


3.jpg

公民館講堂には新潟市出身(東区)の浪曲師玉川太福の口演を聴くために、

60~70名の高齢の皆さんが集まってくれました。

1.jpg

「寿司くいねえ、江戸の生まれだってねえ」で有名な(高齢者にとっては)

「次郎長伝 森の石松」の一席をうなり、

新作浪曲「銭湯激戦区」で笑わせて、場を大いになごませてくれました。


口演の後に、トークショーがあり、

5.jpg


最近、太福の浪曲のおっかけをしているという先生、

加茂農業高等学校の国語教師、阿部吉友さんが、

太福の魅力を語りました。

6.jpg

こちらのおにいちゃんは、東京からわざわざ太福の口演を聴きにきたという、

太福後援会「玉福会」の会員の方です。

6 (2)



太福の口演は夜の部もありまして、

新潟市内の居酒屋「鳥の歌」でお酒を飲みながらの会です。

7.jpg

木戸銭は2,000円、セット料理とワンドリンク1,500円。

8.jpg

古典を一席、新作を一席披露しましたが、

新作「地べたのふたり、おかず交換」が新鮮で面白い。

渋谷落語で創作大賞を受賞した作品、

http://shiburaku.seesaa.net

上のサイトを開くと、その口演を聴くことができます。

11.jpg

当夜集まったのは16名(うちタウンウオークかめだの会員4名)、

最後の〆になって、

太福の口演を、定期的に新潟で聴けるように後援しよう、

という提案があり、全員から拍手をもってシャン。

10.jpg


タウンウオークかめだの会員2名が

来年から「新潟玉福会」の設立に関わることになりそうです。


記:Ray次郎



なお、太福のHP兼ブログは

「小さなことからコツコツつまずく」で検索すると開きます。

その中では「私が浪曲師になったわけ」の記事が

ピカイチです。



曽野木が生んだ昭和の大スター・寿々木米若講座

1か月以上ブログを更新しないと、スポンサーがトップページに広告を掲載する。

これはイカン!! 1か月以上も更新していなかったとブログを覗いて気がついた。

 そこで今回は手短にタウンウオークかめだのメンバーが務める講座の案内。

************************************ 
曽野木公民館にて「曽野木地域学- 寿々木米若」

10月27日(火)午前10時~12時 「米若の囃子方と瞽女唄の関わり」
         講師:藤崎哲矢 (筝曲、和楽研究家)
         講師:野上正栄(郷土史研究家) 
                   *タウンウオーク亀田の顧問

11月10日(火)午前10時~11時 「俳人・米若のあれこれ、亀田の俳句と曽野木の文芸」
          講師:斎藤茂 (タウンウオークかめだ事務局長)

米若盆栽


11月29日(日)午後1時30分~3時30分「米若の浪曲」
          浪曲師:玉川太福(新潟市出身)
          講師:野上正栄(郷土史研究家)

だいふく2

 メンバーで時間の都合がつく方はぜひ聴講してください。

特に最終回は笑って泣かせる若手浪曲師に、乞うご期待!!


記:Ray次郎