佐野学:街道をゆく

亀田郷土地改良区が発刊した「創立六十周年記念誌 水と土と農民」には

DSC03999.jpg


最後の章で「亀田郷の原点ー佐野藤三郎とその時代ー」と題して

佐野が昭和30年、土地改良区の理事長に33歳の若さで就任してから、

平成6年に72歳で急逝するまでの彼の歩みと業績を描いている。

DSC03993.jpg
(就任して間もない頃の佐野藤三郎。昭和32年5月1日、メーデー)




その最終章は以下の文章で終わっている。

「平成6年3月24日夜、東京銀座の丸の内ホテルで、土地改良事業に対する

佐野藤三郎理事長の多大な功績を表彰する農林水産大臣賞の

授与式典が挙行された。

受賞したのは大臣賞の中でも最高位のダイヤモンド賞である。

全国からお祝いに馳せ参じた土地改良関係者でホテル会場は埋め尽くされた。

祝賀の乾杯の嵐を佐野理事長は、満面の笑顔でうけ喜悦の絶頂にあった。

DSC03996.jpg
(祝賀会での佐野藤三郎)


その後、式典閉会後の深夜、宿泊ホテルの階段下フロアで、意識不明の

重体状態となった理事長が発見され、駿河台の日大病院へと救急搬送された。

しかし翌3月25日午前11時15分、新潟市からかけつけた妻ミツイさんら

家族に見守られる中で、静かに息をひきとった。

死因は頭蓋骨折と外傷性くも膜下出血。享年72歳。まさに元気旺盛の中で、

忽然とその雄姿を消してしまった。」




生前の佐野藤三郎から話を聞いて本に著した小説家がいる。

昭和52年ころの司馬遼太郎。

佐野がでてくるのは「街道をゆく 9 信州佐久平のみち 潟のみち」。

DSC04000.jpg


抜粋すると、

「亀田郷には、佐野藤三郎という大変な傑物がいるということは、

かねてからきいていた。土地の出身で、子供のころから湛水の田に入り、

くびまで浸かって田の仕事をしてきた、陸地化したこんにち、亀田郷そのものを

一種の非政治的コミューンのように仕立てあげ、

いろんな意味できわだった運営をしている人である」

司馬遼太郎は「芦沼」と題するモノクロの記録映画を観て、

「映画を見了えたとき、しばらくぼう然とした。食を得るというただ一つの目的のために

これほどはげしく肉体をいじめる作業というのは、さらにそれを生涯

くりかえすという生産は、世界でも類がないのではないか。」

という感想を書いている。

ちなみにこの記録映画は江南区資料館で常時上映されており、

司馬遼太郎の文章もスクリーン近くに掲載されている。


そしていよいよ司馬遼太郎が佐野藤三郎と対面する場面では、

「応接室に、理事長の佐野藤三郎氏が、勢いよく入ってきた。

白い開襟シャツに包んだ肩の肉がレスラーのように

ずしりと盛り上がっている。、、、、」

彼の話を聞いていくうちに、

「亀田郷土地改良区を運営しているこの佐野藤三郎という理事長さんは、

そういう複雑な現在の法社会や経済社会の現実の上に立って、

一種超然としながらも、それらの現実を操作して、日本国の行政のなかで

小さな『幕府』をつくっている。

ここでいう『幕府』とは、合法・非合法すれすれの実際的行政組織と

いうほどの意味である。」


このとき佐野藤三郎は50代半ば、レスラーのような身体で、

仕事も脂がのりきっていたのだろう。



「潟のみち」では幕末の洋学者佐久間象山が亀田から舟に乗って旅をした際に

残した漢詩を取り上げている。

象山の詩のなかで詠われている風景を、先ほど観た記録映画と重ねあわせて、

「その映画の中の荒涼とした沼と洲の光景を

象山がみて詩にしたかと思えるほどである」と書いた。

DSC04004.jpg
(江戸期、亀田八景「乗落の帰帆」 現在の排水路公園の西端にかかる峰橋付近)


「潟のみち」編で司馬遼太郎が歩いたのは、亀田町⇒鳥屋野潟⇒木崎⇒

新津⇒五泉⇒村松町⇒上杉川であった。


さすが名を成した小説家、歴史家である司馬遼太郎が書いた亀田郷は、

行政や公共機関が発刊した歴史書にはない、歴史の拡がりと深い洞察力がある。

亀田郷の記述は文庫本で約50ページほどなので、

ぜひ、ご一読することをお勧めしたい。


記:Ray次郎

佐野学:亀田義塾「亀田郷をつくった人々」

亀田学会という会がある。亀田について、その歴史や文化を研究する会だ。

その会が亀田郷についての知識・哲学を学ぶ講座、

「亀田義塾」を開講している。(聴講費¥500円)

第4期にあたる今年のテーマは「亀田郷をつくった人々」

DSC03920.jpg


各月のテーマは

5月、「ワールドカップ新潟大会における『おもてなし』
   講師:上山 寛 / 上山アトリエ代表

6月、「亀田郷の大地で農業と共に生きる」
   講師:杉本克己 / ㈱亀田郷農産物直売所 社長

7月、「佐野藤三郎学」
   講師:藤井大三郎 / 田園まちづくりアドバイザー

9月、「新発田藩の憂鬱と松ヶ崎開削」
   講師:本田典光 / 亀田学会水環境研究員

10月、「亀田郷の食文化」
    講師:古野間 久嗣 / 日本料理店「倉久」店主

11月、「亀田郷の防災」
    講師:斎藤 昭 / 江南区郷土資料館館長

12月、「亀田郷の伝統的建築物の保存と再生」
    講師:伊藤 純一 / 新潟まち遺産の会事務局

などなど、多彩である。



7月12日の亀田義塾に出席して講話を聴いた。

今回のテーマは亀田郷土地改良区の理事長として

多大な功績を残した佐野藤三郎について。


DSC03992.jpg

講師は佐野藤三郎から永年まじかに教えを受けた、藤井大三郎さん。

亀田郷土地改良区で事務局長をされた方で、今は新潟市役所内の

都市政策部で「田園まちづくりアドバイザー」をされている。

DSC03923.jpg

昨年も佐野学について語られたが、前回は彼の生い立ちから始まり、

芦沼とよばれた亀田郷の田んぼをいかに美田に変えたか、

新潟地震の被害や地盤沈下問題にどう立ち向かったか、

DSC04002.jpg
(新潟地震後、新潟県農地部長に河川改修を要望する佐野藤三郎)

倒産寸前の土地改良区の財政をどう立ち直らせていったかなどであった。



今回は彼が晩年、力をそそいだバイオマス事業についての講話である。

再生可能資源を活用することにより、地球温暖化対策と未来農業の姿を目指す

事業の理念とその技術の紹介が、その主な内容であった。

バイオマス画像2

バイオマスを簡単にイラストで表すと上の絵になる。

佐野藤三郎は、減反対象の田んぼや耕作放棄地などに

サトウモロコシを植えて収穫したり、稲刈後の稲ワラを利用して、

バイオマス燃料として活用することを考えた。

実際、平成3年には大江山地区の田んぼにサトウモロコシを植え、

三菱重工業・広島工場で再生プラントを製作し、バイオマス生成の実験を行った。

10Rの田んぼから米であれば600kgしか収穫しないが、

サトウモロコシはその20倍の12トン収穫できる。

亀田郷で回収可能な稲ワラ3,000トンを再生利用すれば、

935キロリットルのメタノールを生成できることも分かった。



平成6年に佐野藤三郎は急逝するが、彼が取り組んだバイオマス事業は

新潟県が進めるバイオマス・ニイガタ ~21世紀のエネルギーは農地から~や

全国土地改良事業団体連合会が進める水・土・里ネット ~地域資源管理~

などの形で、現在でも脈々と引き継がれている。


記:Ray次郎