1日で日本人6人と、韓国人5人。


2017年4月30日(日)

グリーンラインの終着駅で親子と別れ、レッドラインの駅エル・アルトへ向かう。

後で分かったが、標高3650mのラ・パス市内の底から、

ここエル・アルトは500m高い、4150m。どうりでさらに息が切れるわけだ。

ここから見える山の名前は分からないが、4150mの場所から見て、

これだけ突き抜けておるのだから、6000m級なのだろう。


bv70.jpg




また泥棒市をぶらぶら歩く。

コインを投げて、落ちた場所のカードでお金が取られたり、倍になって返ってきたり、

bv73.jpg

子供はサッカーゲームでボールを蹴りあって、

bv76.jpg

夢中です。

bv77.jpg



市中にたむろする野良犬は毛むくじゃらが多いよなあ。

だから野良でも上品な感じがするのです。

bv74.jpg


柴田製茶の会社の人たちは、自分たちの車が地球の反対側で活躍してるとは、

夢にも思わないでしょう。

でも何か変です、この電話番号??

bv75.jpg



などと写真を撮っていたら、後ろから「日本人の方ですか?」と声をかけられた。

振り向くと、若い女性の4人組。

「ここらからタクシーに乗れる場所はありませんか?」

ラ・パス空港でウユニ行のフライトをチェクインした後、

市内見学をしてここまで来たが、あと3時間ほどで飛行機が飛ぶので、

飛行場に戻りたいたいとの事。

地図を見ればここからは2~3キロしかない。

歩くには遠いし、こちら暇人ですから付き合ってタクシー探し。



5月の連休を利用して2週間の南米旅。

「そりゃ、高かったでしょう、で、これからどこへ?」

「へえ~、世界旅行ですか。すごいですねえ。どこを周るんですか?」、

などと話をしながら歩くが、なかなか泥棒市から抜け出せない。

長く続く市に沿って歩くことをあきらめ、抜け出して直角に歩くと、繁華街に出た。

ようやくタクシーを見つけ、値段交渉をして彼女らを乗せた。

ここでお別れ、つかの間のお父さん役を果たした気分だ。



レッドラインに乗ってすり鉢の底へ戻り、歩いてホステルへ。



夜6時、辺りはすっかり暗くなった。タクシーでミラドール・キリキリという丘へ向かう。

「治安が悪いので行き帰りはタクシーを利用すること」と地球の歩き方に載っていた。

人影はまばらだったが、なかで学生の一団が来ていた。

彼らの話声を聞いて、「アンニヨンハセヨ!」とこちらから声をかける。

「*@csd#&¥Ew ハセヨ」、「No、 No、 I'm from Japan」、すると

「日本人ですか。私たちは韓国の学生です」

一番手前の女の娘が日本語で答えてくれた。日本語がかなりお上手。

5人一緒に南米を1か月間旅行している。

宿で同部屋になったリー君同様、みなさん裕福な家庭の生まれなのだろうか。


bv92.jpg


おかげ様で、いいスナップ写真を撮ってもらいました。

bv90.jpg


帰りもタクシーで戻り、ホステルの隣のチャイナレストランへ。

すると前のテーブルで日本語を話す青年二人。

一緒になって同じテーブルで食事を取る。こちらはビール、彼らはスプライト。

bv93.jpg

から揚げを完食したのは関西人の青年で、もっぱら会話の中心。

もうラ・パスに2か月もいる。それはもう旅とは言わず、生活でしょ。

焼きめしを完食したのは、寡黙でほとんどしゃべらず、

から揚げ君とは南米のどこかで知り合って、後からラ・パスで同宿したらしい。



手前のヌードルを残しているのはRay次郎です。

1日に6人の日本人、5人の韓国人と話して、腹一杯になりました。


ミ・テレフェリーコに乗って



2017年4月30日(日)


ミ・テレフェリーコとは2014年4月に開通した都市型ロープウェイのこと。

ラ・パス市民をすり鉢状の底から一気に山頂まで運び(レッドライン)、

そこで乗り換えると、さらに10キロ以上離れた町まで運んでくれる。(グリーンライン)

バスターミナル近くから歩いて10分、

bv1.jpg


bv2.jpg
(鼻の長いバスが健在)


ミ・テレフェリーコのセントラル駅に着いた。

2014年開通なのに古めかしいのは旧鉄道駅を利用しているからだそうだ。

bv3.jpg

切符売り場に並ぶ列、料金は45円。

bv4.jpg

8人乗りのゴンドラに乗り込んで、

bv41.jpg

上を見る、

bv42.jpg

下を見る、

bv43.jpg


bv44.jpg

10分ほどで

bv45.jpg

レッドラインの終着駅、エル・アルト。


ここから先は下のグリーンラインに乗り換えると10キロ以上先まで行ける。

ただし今度は8駅停車する。

bv46.jpg

グリーンラインに乗り換える前に、エルアルトの泥棒市を見て回る。

木、日曜の開催で、今日は日曜日。

bv48.jpg

なんでも売っているし、

bv49.jpg

なんでも食べられる。

bv50.jpg


ガラクタも多いが、

bv53.jpg

この巻貝のような形をした歯車は、車の基幹部品で、

Ray次郎が元働いていた会社では、これに関連する機械を製作していた。

bv55.jpg

bv54.jpg



市場の裏手にひっそりと小屋があった。

bv56.jpg

何かと思ったら、床屋さん。イスがありバリカンがあった。

bv58.jpg

グリーンラインに乗り換えて、泥棒市を上から撮る。

bv61.jpg

次の駅を通過する時、下をみると、またびっしりと通りに面して市が立っていた。

bv64.jpg

グリーンラインは先が長い。

bv62.jpg

最初は8人だったゴンドラの乗客は、少しづつ降りて、

bv60.jpg

最後は女の子とそのお爺ちゃん、Ray次郎の3人だけになった。

bv65.jpg

身振り、手振りで年を聞くと、5歳。爺ちゃんによく話しかけている。


スマホに入っているSOTAのビデオを見せた。

冬のそり遊びや、子育てセンターで開かれた鬼の豆まきの様子。

目をくりくりして、盛んに爺ちゃんに聞いている。

爺ちゃん、優しく説明しているようだ。(スペイン語なので分かりませんが)

bv66.jpg

グリーンラインに最終駅まで一緒に行き、そこでバイバイ。

可愛い子だった。




終着駅のカラコトはミ・テレフェリーコが開通してから開発されたような町で、

駅から続く街並みは整然としていた。

bv67.jpg

bv69.jpg

何も見るところはなさそうなので、引き返しレッドラインの乗換駅まで向かう。

bv70.jpg




ラ・パスは連休、ラーメンとお寿司で満足

2017年4月30日(日)

町中を縦横無尽に走る乗合いバス、こちらではコレクテイーボと呼んでいる。

マイクロバスの前面ガラスに行先が書いてあり、

車掌がそれを連呼しながら近づいてくる。

乗客は自分が行きたい場所と合致すれば、街角で拾って乗り込むシステムだが、

これを利用するのは旅人には無理な話だ。

ar1.jpg



明日5月1日はメーデーで祝日、今日の日曜日と合わせて連休になる。

ラ・パスの町はお祭りのようになっていた。

目抜き通りは歩行者天国になっていて、

露店やらステージやら、パフォーマンスであふれていた。

ar2.jpg

ステージで、

ar22.jpg

踊る子供たち。

ar24.jpg

宝くじを選ぶ人、

ar28.jpg

歯科予防のキャンペーン。

この町を歩くと、歯医者の看板が目につくし、

町を歩いている人で歯を矯正している人がやたらと多い。


ar26.jpg



ar31.jpg

子供を楽しませるゲーム。

ar34.jpg

大人を楽しませるパフォーマンス。

ar33.jpg


ar32.jpg


Ray次郎が午前中まち歩きし、お昼までに着きたかったのは、ここ、けんちゃん。


ar35.jpg

「地球の歩き方」に載っていた、日本食堂だ。

オーダーしたのは、ラーメンと

ar36.jpg

握り寿司。あわせて1,800円。

日本なら当然の値段かもしれないが、こちらでは高級料理だ。

メキシコの「蔵」以来の贅沢だが、腹いっぱいに日本食を食べられて、大満足。

ar37.jpg



けんちゃんを出た先の公園でBBQの大会があった。

as101.jpg

こちらは腹一杯だったので、食指は動かなかったが、

as21.jpg

ラーメンを食べてなかったら、こっちを選んでたでしょうね。

as22.jpg


この頭、丸ごと袋にいれて買っていった人がいました。

as102.jpg


午後からは、ラ・パスの新しい交通手段、都会のロープーウエイに乗って、

すり鉢状の底から一気に山頂の町に向かいます。



韓国青年とドイツ人カップルと相部屋

2017年4月29日(土)

ラ・パスの宿は安宿のドミトリー。3人部屋で1泊600円。ここに3泊する。

昨夜一緒だったのは、韓国の青年1人だけだった。

彼は大学を卒業したばかりで、2か月南米を旅した後帰国すると、

そのまま2年間の兵役生活を迎える。

彼のインスタグラムを見せてもらう。

バンジージャンプ、サンドバギー、マウンテンバイクツアーなど遊びの

写真や動画が満載されていた。

宿は安宿だが、遊びには金の糸目をつけないようだ。

これからチェックアウトし、どこかに泊りがけで旅し、

日曜の夕方にまたこのホテルに戻ってくる。

一晩自分の荷物を預かってほしいと頼まれた。荷物を軽くして出かけたいらしい。

Ray次郎のベッドの下に大き目の袋を2つおいて、さっき出て行った。



朝10時、1組の若いドイツ人のカップルがチェックインし、この部屋に来た。

今晩はこのカップルと3人の相部屋になる。

挨拶を交わし、少し話しをしてから宿を出て、まち歩きを始めた。




ラ・パスでまち歩き(1)



2017年4月29日(土)

ラパスの1日目。

バスターミナルまで行って5月1日発のウユニ行の夜行バスを予約しよう。

町中の普通の店になにやら動物のぬいぐるみらしき物、

aa301.jpg

フェースブックに同じ写真を載せたら、教えてくれた人がいて、

aa42.jpg


これを庭に埋めて邪鬼を追い払うのだそうです。

アルパカ、リャマ、ビクーニャ?? 動物の名前は分かりません。


aa43.jpg


市場通りみたいなところをほっつき歩いて、

aa41.jpg

ラ・パスのバスターミナルに着き、ウユニ行のバスを扱う旅行社を探します。

aa44.jpg

ウユニ行のバス旅行社は1社しかありませんでした。

aa45.jpg

リクライニング席は1,700円。フルフラット席はそれより600円増しということで、

2,300円でフルフラット席を購入。

バスに乗っている時間は10時間、フルフラットで眠れればありがたい。


aa46.jpg

ターミナルを出ると雨。

宿の近くの露店もシートをかけていました。

aa47.jpg



午後はずっと雨。しかもヒョウまで降ってきて、体感温度は10度以下。


aa48.jpg


どこへも出かけず、ずっとブログの更新作業。

ブログのアップも結構時間がかかるのです。



今度はチョコレート?


4月28日(金)

ラ・パスのホテルに着いた。

夕方、ミーテイングルームでパソコンと「地球の歩き方」を開いて、

ブログをアップしていたら、「こんにちわ」と声をかけられた。

この方、????子さん(本名は伏せておきます)、通称ルーさん。

40代の女性、独身、埼玉川越出身の看護婦さん。

2か月の休暇を取って南米とバラパゴス島へ。

10年前にも南米一周、東南アジアも詳しい。またまた旅話で久しぶりの日本語会話。



さて彼女が経験したお話。

チリのある町で、日本人の友達二人とリュックを背にして歩いていた。

後ろから「チョコレートがついてるよ」と声をかけられた。

リュックを背中から降ろして、見てみたらベットリと液体状のチョコレートがついていた。

しかも二人とも。

すると、前方からテッシュを持った男が近寄ってきた。

トイレットペーパーもまともにない国で、テッシュっか?

他にもなにやら野次馬然とした男が集まってきた。

あっ、あれだ!と思った。

前に宿で、ケチャップ強盗の被害にあった寄書を読んでいたので、

咄嗟に、これはそのチョコレートバージョンだ、と気づいたそうです。

友達に日本語で合図しながら、とにかく人をかきわけ、次の瞬間猛ダッシュで逃げた。

チョコレートがべっとりとついた事以外は、被害がなかったというお話。

後から思えば、チョコレートかける係、声掛け係、テッシュ係、

野次馬係のグループ強盗ではなかったか。




ほかにももう1件、首にひもでつながっていた財布をすられたが、

ひもが繋がって取れなかったので、相手が諦めたという話。



実際いろいろあるんですね、こんな話が。



ルーさん、明るくて、話上手。

そして大人の女の雰囲気(ごめんなさい)を持っていました。

今回の旅で一番楽しみにしているのはバラパゴス島の3泊4日のクルーズツアーとか。

窓もない部屋を取って一番安いクラスの料金24万円+飛行機代で30万円近い。



今夜8時半のバスで移動するので、ちょいの間の会話でした。

「Ray次郎のブログを読ませてもらいます」、と言って元気にホテルを出ていきました。

そしてその旅姿は、大きなリュックを背負い、

虚無僧が下げているようなチャック付きの四角いバッグをしっかり首にかけ、

ネックピローも首に巻いて、なにやら手提げ袋も手にさげて、、、たくましい。

戦国時代の野武士のようです。刀を持たせてあげたいくらい。



ルーさん、元気に、いってらっしゃい~~。




ラ・パスへの道


2017年4月28日(金)

コパカバーナの町を朝9時半に出発。民間のローカルバスなのでトイレなし。

プーノの町からコパカバーナへの車窓から、そしてコパカバーナからラ・パスへも

同じようにテイテイカカ湖が見え隠れする。どこまで広いの?

琵琶湖の12倍だそうです。

標高は3890メートル、富士山の頭の上に湖が広がっている事になります。

a11.jpg

a12.jpg

湖が一番狭くなっている場所なのでしょう。

バスはボートに載せられ、テイテイカカを渡ります。

a14.jpg

a16.jpg

a15.jpg

バスの搭乗者は降ろされて、ボートで待機。

a17.jpg


湖を10分ほどで渡ると平野の道に続き、広大なテイテイカカとはお別れ。

a20.jpg


お山の上からラ・パスに入ります。ここまで3時間半、トイレ休憩なし。

a25.jpg

ここから下る下る、渋滞の中を1時間も下ります。

しかも降ろされたのはバスターミナルではなくどこかの町角。

民間のツアー会社のローカルバスなので、そうなんでしょうね。

運転手にターミナルの場所を聞いて、歩くこと20分。

もう漏れそうだ!!!

ようやくターミナルに着き、1ボリビアーノ(15円)払って有料トイレへ。

はあ~、ひ~、ふ~、、、。



毎回のように、高齢者にはきつい南米のバス紀行でした。





南米の水事情


2017年4月28日(金)

ペルーでも、ここボリビアでも建物の屋上にタンクが必ずと言って設置してある。

コパカバーナのホテルでも小さなタンクがある。

1a.jpg



大きなビルには大きなタンクが。

2a.jpg


南米に入ってからこのタンクを目にしていたので、クスコの宿でオーナーに聞いてみた。

南米は水道が制限されているところが多く、

ひどい所では午後7時から翌朝まで断水する。

だから昼の間にポンプで屋上のタンクへ水を揚げ、夜間はその水を使う。

このホテルのタンクぐらいではとても水圧が足りず、

トイレの水もちょろちょろ程度。

3a.jpg




ペーパーを流すとすぐ詰まってしまうので、紙はバケツに入れる事。

こんな張り紙をトイレで見るのは常識になりました。


コパカバーナ海岸を歩く

2017年4月27日(木)

明日28日の朝にはラ・パスに向け出発するので、コパカバーナは半日の滞在。

小さな町で、リゾートで成り立っている。

レストラン、土産物店、ホテル、ツアー会社しかない。

az6.jpg

まずは昼飯代わりに人参ジュースをいただきましよう。

売店のおばさんがミキサーに人参5本くらい押し込んだ後、「シュガー!」と言ったが、

英語が通じないのか返事は「No!」

飲んでみると、これが甘い!!人参の味もしっかりしているが、甘味が十分ある。

この人参を輸入して、スイートキャロットジュースで売り出したら売れるかも。


az69.jpg



まち歩きはせず、テイテイカカ湖畔を歩くことにした。

az62.jpg

屋台がきれて、人家が見えるあたりまで1キロくらいあるだろうか。

往復2時間とみた。

az64.jpg

南米入りしたリマは平地だったが、クスコに入って以来、

ずっと富士山の八合目で旅をしている。

現地の人はもちろんだが、旅人はもっと遅く歩かないと、息が切れる。

なので歩足スピードは時速1キロ。


ここから先の写真4枚は孫のSOTAと杏ちゃんに、ラインで送信した。

az65.jpg


az70.jpg


az72.jpg


az71.jpg

母親のNAWOからの返信

「ボリビア入りおめでとう!二人とも写真を見て喜んでます!

牛も喜んだけど、一番喜んだのはなんと!

子供の後ろに写ってる白鳥のボートでした~笑い!!」



じいちゃんより白鳥かい!!(怒)





湖の水で洗濯ものをしているかと思ったが、


az75.jpg


近づいてみたら、なにかの動物の皮をなめしていました。


az76.jpg

az77.jpg




ぶらぶらとゆっくり歩いていますが、それでも息が切れます。

az78.jpg



夕食は昼間並んでいた野外屋台のレストランではなく、普通のレストランへ。

薪の暖炉がありがたい寒さなんです。

ae1.jpg

テイテイカカ湖で獲れたお魚一匹まるごと、50ボリビアーノ(750円)


ae2.jpg


ae3.jpg



やはり外人相手のリゾート地はなんでも高い。

でも久しぶりに食べたお魚は美味しかった。



明日はボリビア第一の大都会ラ・パスへ。






初めての陸路での出入国

2017年4月27日(木)

ペルーのプーノから、隣国ボリビアの国境の町コパカバーナへ向かう。

朝7時、ツアーバスで出発(トイレ付)。

az1.jpg


すぐ車掌から出国カードと入国カードを渡された。

出国カードは書き終えると、すぐ回収された。その時Taxとして5ソル(150円)を徴収。




10時半、ペルー国境に着いた。ここでペルーの通貨をボリビア通貨と交換。

歩いて行けと言われ、手荷物だけ持ってバスを降りる。

国境越え、この門から先がボリビアになる。

az2.jpg


ボリビアのイミグレ、さして問題もなく入国のスタンプを押してもらった。

az3.jpg



大きなバッグはバスに載せたままだが、ボリビア税関による荷物検査はするのだろうか?

「地球の歩き方」によると、この荷物検査で官吏がパソコンや現金を抜き取るので、

注意が必要と書いてあった。

なので、パソコンと現金はバッグに入れず、手荷物で持ち込んだ。



税関の隣にあったトイレ、日本人は歓迎されているのだろうか??


az5.jpg


正午、コパカバーナに到着、5時間のバス旅。

コパカバーナという地名はハバナのほうが有名で、唄にも歌われているが、

ここはボリビアのコパカバーナ、海・湖に面したリゾート地としては同じようだ。