橋を目指す町、三っつ

2017年6月20日(火)

前回の記事を訂正します。

すぐ気付いた方もおられると思いますが、上がりは一、九、字牌だけなので全帯(チヤンタ)が二役付きます。

ハネ萬でしたね。

黙って萬がん分しか払ってくれなかった、そこの三人、ずるいよ。

そんなことはどうでも良いとして、、、、、



今回の世界一周旅で橋を目的に訪れる場所が三つある。

映画「猿の惑星.創世記」で印象的だったゴールデンブリッジがある、サンフランシスコ。

ヨーロッパとアジアを結ぶボスポラス大橋がある、イスタンブール。

断崖絶壁に立つヌエボ橋がある、ここロンダ。

ロンダは標高740メートルの断崖の上にある空中都市だ。

ロンダの旧市街と新市街を結ぶ位置にあり、橋桁100メートル、長さ66メートル。

断崖から落ちこむタホ峡谷の上に、石造りのアーチ状の姿をみせてくれる。

谷を上から覗くと、巨大なくさびを打ち込まれたような形をしており、

大小の岩にはばまれて蛇行する水流は、最後に小さな滝になって終わっている。



橋を下から見えるところまで坂道で下りていくことができる。

観光用写真や絵はがきはここからのショットが多い。

橋に隣接してパラドールが建っている。橋の上からだと分からないが、

下から見ると、断崖絶壁ぎりぎりなのが良く分かる。

(パラドールとは国営ホテルの名称。

歴史的建造物をホテルに改造し、スペイン国内で90箇所ほどある。

もちろん五つ星、お値段は高いが予約が殺到していて、泊まるのは難しいらしい。)

目を橋とは反対にむけると、そこにはアンダルシア地方の風景が広がっている。

遥かに続くなだらかな起伏の緑の丘に白い家々のコントラストが絵になる。

ロンダには他にも見所が残っているので、それは次回。





コメント

コメントの投稿