カサブランカのビール

2017年6月23日(金)

人口400万人の大都市、カサブランカに着いた。

最大の感心事は、この40度近い暑さの街でビールにありつけるかどうかだ。

タンジエから5時間の列車旅。カサブランカの駅には午後3時に到着。

駅前から中心市街地に向けて四両編成のトラムが走っているが、

ホテルは歩いて5分。チユツクイン後にすぐシャワー、続いて洗濯。

暑さを避けるため部屋で待機、午後7時にホテルを出た。

トラムの停留所前にあるチケットの販売機で回数券を買って、待つことしばし。なかなか来ない。

停留所で路線図を眺めていたら、外から青年が近づいてきた。

トラムはオフタイムに入っていて後1時間は来ませんよ、と教えてくれた。

仕方なく歩いて行くことにした。午後7時30分。

目的地の国連広場までは停留所は六っ、距離にしても2キロほどだ。

トラム専用の2軌道と車専用の2車線の大きな通りを歩く。

通りには歩いている人がほとんどおらず、商店のシヤッターも閉まっている。

薄暗い通りにいるのは露店の品物を並べたままで夕食を取っている連中だけ、

獲物に喰らいついているゾンビの群れが通りを占拠している。

まるでゴーストタウンを歩いているようだ。

40分歩いて目指す広場に着いたら、まばらに人も増えてきた。

五つ星ホテル、ハイアットリージェンシーホテルのレストランに入る。

外から見たら客たちがビールやワインを飲んでいるのが見えたので、

ここなら大丈夫ビールが飲める。

アスパラガスのサラダに白身魚のムニエルでローカルビールを一気飲み。

うおっっ、woo!!2日ぶりのビールに喉が雄叫びをあげた。

ここはラマダンの治外法権、ラマダンは入って来られない。

しかも五つ星だけあって、WiFiの電波が強力、さくさくつながる。

食事の後でブログの記事を書いたりして、1時間半もここにいた。

レストランを出たのが10時、広場には信じられないほどの人であふれかえっていた。

帰りのトラムも満員、時間帯の過ごし方が日本とは全然違う。



カサブランカ、カサブランカ、、、うん、うん、、

ー ー ー ー ー ー ー ー

名画「カサブランカ」でイングリッド バーグマン、愁いに満ちた顔で

「昨夜のラマダンはどうしていたの?」

ハンフリー ボガード、白いスーツに蝶ネクタイ、にひる虫を噛みつぶしたような表情で、

「そんな遠い昔のことは覚えていない」



「明日のラマダンはどうするの?」

「そんな先のことは分からない」

しばらく間があったが、苦笑いしながら

「きっとまた同じ所にいるよ」

 --   FIN  --









コメント

コメントの投稿