2017年7月16日(土)

カイロ空港には深夜2時に着いた。エジプトに入国するにはビザが必要だが、アライバルビザはいたって簡単だ。

イミグレの前に銀行の窓口があり、そこでビザ申請の料金25ユーロを払い、シールを購入する。

それをパスポートに貼りつけるだけ。

この時間での公共の交通機関はないので、空港ロビーで3時間ほど仮眠した。

朝7時、空港を出たとたんタクシードライバーが次々と声をかけてきた。

そのうるさいこと!

市内までの料金を聞くと、どのドライバーも150~200エジプトポンドだと言う。

値切ってはみたが誰も料金を下げない。

ガイド本によれば70ポンドが相場だ。どいつもこいつもぼったくりの連中だ。

着いたターミナルは第3で第1まではシャトルバスが運行されている。

その途中に市内行きのバスターミナルがあり、

そこから2ポンドで市内中心のタフリール広場まで行けるとガイド本には書いてある。

シャトルのはずのバスが来ない。循環するのにそんなに時間が掛かるのか、便数が少ないのだろうか?

何と1時間半待ってようやくバスが来た。

乗ること10分、これはリュックを背負って歩ける距離ではない。

ここでも又待たされた、30分。料金は4ポンド。

ううん?ガイド本に書いてある料金の2倍もしている。

朝の渋滞が始まっていてタフリール広場に着いたのは朝の9時。

そこから歩いて15分ほどで、予約してあるジャマイカホテルにたどり着いた。

ホテルにエレベーターはなかった。階段を上って三階のレセプションへ。

受付の男性はハローでもなければ、ウェルカムでもない。

こつちの話す英語を聞いているだけで、苦虫を噛み潰したような顔をして、スマイルなし。

口がきけないわけではないようで、誰かに電話してから携帯を渡された。

英語を話せるスタッフだった。

12時までチェックイン出来ないので待ってほしいと言うので、リュックを預けて外に出た。

近くのマックへ行き、エッグマフィンとコーヒーで朝食をとりながら、

ネットを開きエジプトポンドの為替相場を調べてみた。

なんと1ポンドが7円に下がっている。ほかの経済記事によれば、

昨夜の11月に固定相場から変動相場制に移行していた。

市場はエジプトの政状不安と観光客の激減を折り込んでポンドは急落し、輸入品は急騰、

物価はあっという間に2~3倍になったとある。

ビザ申請の料金はユーロで払ったから変わらなかったが、

タクシーもバスも上がって当然だった。

しかも夏の今は観光のオフシーズンで、尚のこと客はいない。

カイロからナイル川を下り、またカイロに戻ってヨーロッパに飛ぶ予定にしている。

その時泊まる予定にしているロータスホテルに行く。案の定空いていた。

さっきのホテルと違い共用バスではなく、部屋に備わっている。

WiFiも確認したがこちらも良好だ。タリフール広場にも5分で行ける距離にあり、申し分なし。

ジャマイカホテルをキャンセルしてロータスホテルに移った。

寝不足と疲れと暑さでダウン寸前、シャワーを浴びてから昼寝。

夕方に起き、ガイド本にあった日本料理レストラン「おかし」へ行き、

揚げ出し豆腐とにぎり寿司と味噌汁をたのみ、ひとりでエジプト入国をお祝いした。

久しぶりの美味しい日本料理で、長い1日を終えることができた。

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)