エジプト入国の長い一日

2017年7月16日(日)

深夜2時、エジプト.カイロ国際空港第3ターミナルに着いた。

エジプト入国にはビザが必要だが、アライバルビザ申請はいたって簡単だ。

税関の前にある銀行の窓口で25ユーロを払い、シールを購入する。

それをパスポートの空いているページに貼るだけでオーケー。

公共交通機関が運行している時間ではないので、空港ロビーで仮眠した。3時間ほど。

朝6時、空港の外に出た。来ました、来ました、タクシードライバーの群が、次々と。

料金はと聞くと、だいたいどのドライバーも150~200エジプトポンドだと言う。

ガイド本ではタクシーの相場は70ポンドと書いてある、2~3倍ではないか。

いい加減にししろ!エジプトのタクシー屋、そろいもそろってボリかます気か?

第3ターミナルから第1ターミナルまでシャトルバスが運行していて、その途中に市内行きのバスターミナルがある。

シャトルバスを待つがなかなか来ない。

これではシャトルではなく、長距離バス?
1時間半待たされた。

バスターミナルでも30分待たされた。

バス料金はガイド本に書いてあった料金の倍になつていた?

カイロの中心地広場から歩いて20分、予約していたジャマイカホテルに着く。

エレベーターはなく重いリュックを背負って三階のレセプションへ。

受付のあんちゃん、ハローでもなければ、ウェルカムでもなければ、

苦虫を噛みつぶした顔でスマイルもなし。

しゃべることは出来るらしく、誰かに電話した。

「マネージャー」と言って携帯を渡された。

英語の話せるマネージャーが出た。

12時までチェックイン出来ないので待って欲しい。

WiFiのパスワードを聞き、オーケー!

ここではWiFiが上手くつながらないから、荷物を預けて外に出た。

近くのマックでエッグマフィンとコーヒーで朝食をたべながら、ネットを開く。

エジプトポンドの為替相場を調べてみた。

ガイド本では1ポンド15円とあるが、今はなんと7円に急落している。

経済記事を見た。エジプトは昨年の11月に固定相場から変動相場制に移行した。

市場はそれと同時にエジプトの政状不安と観光の落ち込みを嫌気して、一気にポンドを投げ売した。

ポンドの価値は下がり、物価は2~3倍に跳ね上がった。


さっきのビザ申請料金はユーロで払ったのでガイド本に書いてある通りだったが、

タクシーもバス料金も今のエジプトの経済状況を反映したものだった。

カイロで8日後に予約してあるロータスホテルが近くにあるので行った。

案の定、空いていた。WiFiは切れることなく、エレベーターあり、専用バスあり、

中心広場まではジャマイカホテルより近い。

さっきのジャマイカをキャンセルしてロータスに移動した。

暑さと疲れと寝不足でダウン寸前、クーラーをガンガン効かせて昼寝をさせてもらった。

夕方起き、ガイド本にあった日本料理レストラン「おかし」へ行く。

揚げ出し豆腐、にぎり寿司、味噌汁でエジプト入国を祝い、独り乾杯。

こうしてエジプト入国の長い一日が終わった。

コメント

お疲れ様でした😅

イライラする一日でしたね。それにしても半年で物価が倍になるなんて今の日本では想像つきません。エジプトの人達、大変なんだ😞

イメージでしかないですがエジプト暑そうですね
日本も、暑い😵
松岡修造の熱さくらい暑いです

エアコン効かせて冷たいビールのんでしっかり体調整えて下さい

コメントの投稿