渡り鳥ルートを行く

2017年7月29日(土)

旅の予習のため「ヨーロッパ鉄道の旅」という本を買って読んだ。

ヨーロッパ鉄道の基礎知識と主だった景勝ルートが紹介されている。

その中で今日乗る鉄道は「渡り鳥ルート」と呼んで紹介されていた。

ドイツのハンブルクからデンマークのコペンハーゲンまでの高速列車は、

2国間にまたがる海峡を列車ごとフェリーに乗って渡るという極めて珍しいルートとして紹介されている。

これは楽しみだと乗り込んだフェリーは大勢の乗客を乗せドイツ側の港から海峡を越え、デンマークの港に着いた。

肝心の高速列車はどうなったか、という話はのちほど回顧編で。

ともかく、コペンハーゲンには午後7時、無事到着した。


コメント

コメントの投稿