フロムでハイキング

2017年8月4日(金)

昨日から降っている雨は今朝になっても止まない。

昨夜は合部屋の中国人学生3人が遅くまでペチャクチャしゃべってたり、

笑いこけていたりしてたので寝不足気味だ。

朝は遅く起き、シャワーをしてからお洗濯。幸いこのホステルには洗濯機のほかに乾燥機もある。

午後4時、雨が上がったのでハイキングに出かける。

昨日停泊していた大型のクルーズ船は今日も港に錨を下ろしたままだ。

フロム鉄道駅から左手に線路、右手にフロム川を見ながら歩く。

この村は住人500人、なので川沿いに現れてきた民家もまばらだ。

どの家にも薪ストーブの煙突が屋根から突き出していて、

小さな庭には姫林檎の木が数本植えられている。

集落を過ぎると川を渡る橋が見え、その先に建物があった。

何だろう?

通り過ぎて建物の裏側を見ると、遊具があったので小学校だと分かる。

絶壁の山とすぐそばには澄みきった清流、そんな環境でのびのびと育っていく子どもたち。

コンクリートのグランドと通学路には車がいっぱいという環境とは、大違いだ。

2キロ歩いた先に建つフロム教会。

1660年頃に建てられたというから日本では江戸時代の初期からあるわけだ。

木造で中も狭い。回りのお墓の数も数えられそうだ。

墓地の中にあったマリア様が手を合わせて、Ray次郎の旅の無事を祈ってくれた。

コメント

コメントの投稿