ヘルシンキ滞在3日め

2017年8月12日(土)

ヘルシンキ滞在3日め。

孫たちとの定例の電話を午後1時(日本時間午後7時)にかけるため、ホステルで時間つぶし。

洗濯機と乾燥機でたまった衣類を洗濯した。

南米とエジプトでは手洗いだったが、ヨーロッパのホステルではすべてマシンでできる。

天気や乾かす時間を気にする必要がないので多いに助かる。


午後1時、お約束の時間になった。

4歳になったばかりのSotaとお遊びのような会話をし、

2歳と8ヵ月になったAnnからの「じいちゃん!」の呼び掛けを聞き、

会話にあきたSotaが部屋の中を遊びまわり、

Annもつられて動きまわる様子を見せてもらった。

午後1時半にまち歩きを開始。

近くにあるウスペンスキー寺院へ行く。

港を見下ろす高台に建てられいて、ヘルシンキ大聖堂とならんでまち歩きの目印になる。

北欧最大のロシア正教の教会で、これまで目にしたヨーロッパの教会と違って、

尖塔の形ではなくふくらんだスカートの形をしている。



トラム各線はヘルシンキ中央駅から放射線状に延びているので、

どこへ行くにも駅から出発して駅に戻り、また駅から別のトラム線に乗ることになる。

昼飯を食べに「蓮」へ行ったが土日はお休み、「かもめ食堂」もお休みだった。

駅に戻り歩いてカンピ礼拝堂へ行く。

現代にタイムスリツプしてきた未来のノアの箱船のようだ。

外壁はモミノキを曲げて作られていて、北欧家具のように自然な色で彩色されている。

内部は白木の壁に囲まれた礼拝堂。

ひかえめな十字架がぽつんと置いてあるだけで、

宗教画もキリスト像もなにもない空間になっている。

駅界隈の繁華街にあるフィンランド最大のデパート、ストックマンへ行き、トイレを借りる。

ヘルシンキ中央駅にある有料トイレは1ユーロするので、いつもここで済ませている。


デパートの前の道幅の広い歩行者天国で、トランペット、トロンボーン、ホルンに

ドラムが加わった5人の楽団が軽快な音楽を演奏していた。

前で見ていた若いママが、4歳くらいの女の子をうながすように腰をふって声をかけたら、

女の子が音楽のテンポにあわせて踊りだした。

ほほえましい光景を見せてもらった。

ダンスをする観客はいなかったが、3人による木琴と鉄琴のストリートミュージックも

すばらしいパフォーマンスを見せていた。

同じようなストリートミュージッシャンが南米でも、

スペインでも、モロッコでも歌ったり、演奏したりして、

小銭をかせいだり、自作のCDを売ったりしているのを目にした。

土地とちでそうしたローカル色ある音楽を聴くことができるのも、

世界まち歩きの楽しみのひとつだ。

今日はトラムで方向を間違えて乗って引き返したり、

日本食堂にトラムに乗って行ったが、あてがはずれたりで時間をくった。

行きたい場所は明日に予定することにして、早々にホステルに戻った。

コメント

コメントの投稿