古都ポールヴオーをまち歩き

2017年8月15日(火)

ホステルの朝食を今日もたっぷりといただきました。昨日とおなじメニュー、卵焼きもふたつ。

スメリンオンナの島からフェリーに乗ってまたヘルシンキに戻った。

宿は3日前と同じユーロホステルだ。

市内中心にある中央バスターミナルからバスに乗り、古都ポールヴオーを目指す。

乗車時間は1時間だ。

フィンランドはさすがIT立国と言われるだけあって、長距離バスの中でフリーWiFiを使える。

電源口も各シートの下か頭の上にある。

これはバスだけではなく、長距離列車から駅構内、デパート、レストラン、

本屋さんにいたるまでフリーWiFiを使える。


ポールヴオーの停留所に着き、まず観光マップをゲット。

中国語と日本語併記のマップを手に持ち、まち歩きを開始する。

ポールヴオー川に並んでいるカフェのひとつに寄って地ビールを飲む。

ひとり旅は誰の制約も受けずに、自分ひとりの気分で行動できる。

同行する人がいれば会話もできるし、感動も分かちあえるが、

別行動を取らないかぎり、その人の意向を聞かなければ次の行動に移れない。

実は、その同行者1名がもうすぐ日本からヨーロッパにやって来て合流することになっている。

さらに実は、、、、

オロナイン放浪記の前身のブログ『正露丸放浪記』の2月19日付け

『欧州クラブ発足』の記事、

『2名は8月中旬から9月中旬までの1か月、

さらに2名が9月初旬から中旬までの半月間、欧州の旅に加わることになった』

とあるように、最初に合流するのは男女各1名の2名の予定だった。

ところが男性の義弟が癌で急逝するという不幸があり、

合流時期が8月中旬ではなく9月初旬に変更になった。

結果、8月中旬合流は女性1名、9月初旬合流が男性1名女性2名になった。

それはさておいて、まだあと2日間はRay次郎はひとり旅。


銘柄を「ひとりきまま」と命名した地ビールを時間をかけて飲んだ後、

マップには『珠玉のレストラン』、『魅力のショッピング』と、この町をアピールしているが、

Ray次郎には全く興味がないので、推奨されているルートにしたがって歩き始めた。

13世紀にスウェーデン国王が設立したフィンランドで2番めに古い町を流れるポールヴオー川、

その川に沿って並ぶ木造家屋と、旧市街のパステルカラーの家並みが、

観光客を多く引き寄せるスポットだ。

赤く塗られた板壁は縦縞に張られた建物と横縞の建物があり、

切妻の屋根は一様に黒く塗られている。

建物の入口が川に向かっているのは、

ここが、かって船から荷物の積み降ろしをした倉庫であることを物語っている。

旧市街は石畳の路の両側に、1階建のこじんまりした木造の家々が、

パステルカラーの色とりどりに並んでいる。

フィンランド最古の旧市庁舎の前を通り、教会にたどりついた。

小さな町なので歩き始めてから30分もたっていない。

鐘楼と教会が離れて建てられており、教会のほうに入ると、

正面のキリスト像がかかげられた祭壇で平服の牧師がひとり立ち、

その前にこれも平服の男女が一組、両脇にその友達が4、5人ずつ並んでいた。

結婚式の平服版か?

牧師が語る言葉にみんなが笑ったり、

言い返す花婿?の言葉にまたみんなが笑っていた。

なんかいい雰囲気でセレモニーらしきものが進んでいった。


教会を最後にまち歩きを終了。

旧市街の石畳の路をあっちこっちと巡って歩き、バス停留所に戻った。

北欧を巡る旅は21日間にわたったが、今日でスカンジナビア半島とはお別れ、

明日は エジプトから最初にヨーロッパに着いた町、ドイツのフランクフルトに飛ぶ。

コメント

コメントの投稿