花の都、パリパリ

2017年8月27日(日)

朝ジュネーブのホテルから空港まではタクシーで移動。

前回フランクフルトからザルツブルグへ飛んだ時、

2時間前に空港に着けば大丈夫とふんだが、結果はギリギリに間に合うという

経験をしているので、ジュネーブ空港には3時間前に着くようにした。



エアーチケットはかなり以前に格安航空券で入手しているので、

預け荷物の無料サービスはなく、重さで追加料金を払わなければならない。

YUさんの荷物は2つで約20キロ、Ray次郎はリュックひとつで14キロ。

料金は各々13000円弱と5000円弱。

追加料金をとられはしたが、それでも正規料金を買うより安いと思うが、どうだろう?


ジュネーブ空港ではスムーズにゲートまで行きつけ、1時間半待つ羽目になった。

フライト時間は1時間30分、パリ、シャルルドゴール空港に13時30分に到着した。

827101.jpg



まずインフォメーションセンターに向かい、市内マップを入手し、

メトロ、バスを5日間乗り放題できるパスを54€(7300円)で購入した。

市内にある北駅まで行き、そこでYUさんを待たせてホテル探し。

ナビをたよりに広い道路を行くと、歩行者天国になっていてインド人が大勢集まっていた。

ホテルを見つけチェックインを済ませた後、レセプションに聞いたら、

やはりインド人の祭りで、それはこの界隈に多くのインド人が住んでいるのと、

近くにヒンズー教の寺院があるせいだった。

たしかに歩いてきた歩行者天国の両側にはインドレストランや、

インド人向けの衣料や雑貨を並べている店が多かった。

花の都、パリで最初に足を踏み入れたところがインドだったとは、

思いもよらなかった。

ともあれ、パリに到着したことは間違いなく、今夜は近くのインドレストランではなく、

歩いて15分ほどにある北駅近くのレストランで、半身のカニと小エビ、

それに野菜サラダをシェアして夕食を済ませた。





コメント

コメントの投稿