三九のマルシェの予行演習

8月29日(月)「三九のマルシェ」予行演習

亀田町の起こりのルーツ、江戸時代から続く「三九の市」の存続に

赤信号が灯っている。

大型店舗や近くのスーパーへ車で乗り付けて買い物をするのが

一般的になった社会。

駐車場がない、品ぞろえが限られている市場へは

お馴染みの高齢者しか来てくれない。

そこで江南区役所では「三九のマルシェ」のイベントを企画しました。

この秋に亀田の市場を巡る町歩きを行います。

今日はその予行演習です。

亀田駅を9時に出発し、亀田の市へ

DSC04529.jpg

DSC04530.jpg

クジラ肉が売っていました




DSC04531.jpg




野菜の露店ではクロサキ茶豆の上手なゆで方を教えてくれます

DSC04532.jpg



市場通りにある「カフェ ねこい」

DSC04533.jpg






十全なしの漬物を売っている店では試食させてくれました

DSC04535.jpg



市場通りにある三九の市の由来を説明する看板

DSC04536.jpg



乾物屋さんに


DSC04537.jpg


種苗店

店主はみんな専門知識が豊富で、いろいろ教えてくれます


DSC04539.jpg


わずか200mほどの市場を買い物をしたり、話を聞いたりと

ゆっくりと1時間ほど散策


この後本町商店街を歩いて亀田駅に戻りました


駅ナカにある交流センターにて、この企画についてのミーテイングを

区担当者とタウンウオークかめだの会員とで開催しました


DSC04540.jpg


より良い企画になるよう様々な意見が出されました

会としては10月9日から始まる「三九のマルシェ」のお手伝いをし、

企画の趣旨である市場の存続の一助になるよう協力したいと思います


記:Ray次郎

コメント

コメントの投稿