ヒマラヤ山脈を見に行こう

2017年9月25日(月)

ポカラ、桃太郎の店主はアビールさん。

カトマンズの桃太郎の店主が長兄で、アビールさんは三男坊だ。


92500.jpg


アビールさんが今日は天気が良いから、ポカラを案内すると言ってくれた。

92501.jpg

バイクの後ろに乗せてもらい、市内を抜ける。

92502.jpg


92503.jpg

20分ほど走って、最初に連れていってくれたのは、デヴィス・フォール。

92504.jpg

デヴィットというスイス人トレッカーがこの滝に落ち、行方不明になったので、

この名で呼ばれている。

92505.jpg


入場料を払うと滝の真裏に行けるというので、料金200円を払い、階段を下りたが、


92506.jpg

滝の水量が多すぎるとのことで、階段は行き止まりで裏には行けなかった。


92507.jpg

それなら最初から言ってくれればと思うが、結局階段を下りて上っただけ。

なんともしまらない観光地だ。


92508.jpg


山道を登ると、パラグライダーの発着場があった。

鳥のように大空にはばたき、

92509.jpg 92520.jpg


92521.jpg



92523.jpg

フェワ湖に向かって降下する空中散歩。30分で100USドル。

ヒマラヤ山脈が見えればトライしてもいいが、この雲ではそれも望めず、

財布も許してくれずで、パスした。

92524.jpg



次に向かったのは日本山妙法寺。

92525.jpg


藤井日達創設の日蓮系の宗教団体で、世界各地で平和運動を展開している。

92528.jpg


世界各地に同じ形の仏塔を建て、世界平和の塔とも呼ばれている。

Ray次郎の地元、新潟市秋葉区にある秋葉山にもこの塔が建てられている。

92527.jpg

天気が良ければ、妙法寺からヒマラヤ山脈を眺めることができたのに、残念。

92549.jpg


バイクでさらに山を登り、


92533.jpg

サランコットの丘へ行く。

92540.jpg

ここも残念ながら雲でさえぎられ、ヒマラヤ山脈を拝むことはできなかった。

92530.jpg


申し訳なさそうに、マチャプチャレ(6993m)の頂きが顔を見せただけだった。

92531.jpg

アビールさんも気の毒がって、30分も粘ってくれたが、雲間は晴れず諦めた。

92532.jpg



バイクでやまを降りる途中にあった民家は、いずれも平家建てで、

92534.jpg


電柱と電線が見えたから電気は来ているようだ。

92535.jpg

回りに畑があったり、

92537.jpg

山羊も放牧されていたので、

92539.jpg

おそらく営農で生計を立てているのだろう。

92538.jpg


山を降り、ポカラ郊外にある国際山岳博物館に行く。

92542.jpg


92541.jpg


92543.jpg


92544.jpg

最近亡くなられた田部井さんの業績や、

92545.jpg

ヒマラヤのゴミを回収している野口健さんの功績が紹介されていた。

92546.jpg


92547.jpg



帰りが遅くなったが、部屋ではトカゲが目を光らせて待っていてくれた。

DSC_4877.jpg



DSC_4871.jpg




コメント

コメントの投稿