回顧・ダンカンの歌

2017年5月4日(木)

ウユニからチリの首都、サンチャゴを目指します。

今日はイミグレを通過してカラマまでバス紀行。

バス乗車時間8時間、出入国のイミグレと荷物検査に4時間。

朝4時に出発したバスがカラマに到着便したのは、午後4時。

長い1日でした。



回顧編では、、。


朝4時出発の長距離バスを待つ。まだ町は闇に包まれていた。

50424.jpg


ウユニからチリ・カラマまでは約400キロある。

小さな町を抜けると、まったく緑のない禿山と荒地ばかりを走る。

50422.jpg





4時間ほど走ったあとにバスは停車した。

小さなプレハブ小屋がボリビアのイミグレオフィスだった。


50405.jpg


オフィスが開くまでの間に、野菜スープを食べ、

50426.jpg


出国カードを記入して待つ。

50425.jpg




オフィス前で並んでいると、

50406.jpg

ペルー・ラパスの丘で会った韓国人青年たちと偶然再会した。

50407.jpg


4月30日のブログ記事に掲載した、ラパスのキリキリの丘で撮った写真、

bv92.jpg


bv90.jpg



彼らもウユニからバスに乗り、カラマへ向かう。

カラマからはサンペドロアタカマ経由でアタカマ砂漠を目指すらしい。

雄大な自然と塩湖のある砂漠で、チリ観光では有名なところだ。



ボリビアのイミグレを通過し、バスは5分ほど走って砂漠の中で停まった。

チリ側から別のバスがやってきて、乗客と荷物を乗せ換える。

50409.jpg


50408.jpg

ボリビアから来たバスはここから引き返し、

チリ側から来たバスは国境を越え、

50410.jpg




50411.jpg

チリのイミグレオフィスで停車した。


今度は入国カードを記入する。

50425.jpg

ボリビア側のオフィス前では1時間待たされたが、チリ側では2時間待たされた。

50417.jpg

ボリビア⇒チリの国境を通過するのに、

たかが2キロほどしか離れていないのに合計4時間もかかった。

50419.jpg



50416.jpg


さらに砂漠地帯を4時間走り、

50423.jpg


カラマの町に着いたのは午後4時だった。

朝4時に出発してから12時間かかったことになる。

バス停についてからはたと困った。

チリの通貨を持っていないことに気づいた。

タクシーをつかまえて運転手に聞いた「ボリビアのお金を受け取れますか?」

答えはNOだ。

重いリュックを担いで両替店を探し、ボリビアのお金と手持ちのドルを両替した。


ホテルは町から外れた郊外にあり回りには何もなかったが、

幸いレストランが1階にあり、夕食にありつけた。


カラマはサンチャゴへ向かう途中下車の町で、なにもする予定がない。

夜は部屋にこもって本を読んですごした。



夜10時ころ、隣の部屋からなにか怪しげなうめき声が聞こえてきた。



あっ、これってポール・サイモンの「ダンカンの歌」の出だしにある歌詞と同じだ。

Couple in the next room bound to win a prize,

They've been going at it all night long,

Well, I'm trying to get some sleep,

Lincoln Duncan is my name and here's my song,


訳詞はこうだ。


隣の部屋のお二人さんは 賞でも狙っているのか?

一晩中頑張っている

モーテルの壁は薄く耳につく声で 僕は眠れない

僕の名前はリンカン・ダンカン

これから歌うのは僕の歌だよ



初体験をうたった歌で、

そして 僕の長い童貞時代は終わった

と歌われている。



「ダンカンの歌」の歌詞のように、 all night long ではなかったが、

声がやむまではかなりの時間がかかった。

終わってから、、、やれやれこれでやっと眠れると思った。

コメント

コメントの投稿