回顧・アンタファガスタ事件

オンタイムのブログ

5月5日(金)

カラマからアントファガスタまでバスで3時間。

到着したバスターミナルで事件。

ホテルにチェックインした後すぐ警察署へ直行。

詳しくは1ヶ月後くらいに報告します。





そして5月17日のブログで事件の顛末を掲載した。

時間は3週間ほど前にさかのぼる。

5月5日、カラマから商業と港湾の都市、アントファガスタのバスターミナルに着いた。

アントファガスタ州の州都、人口30万人の都会だ。

なのでバスターミナルもそれなりに広い。

まずはトイレ、それからコーラを買ってターミナル内のベンチに座って一休み。

左手から人が来てベンチの左隣に座った。

横目で見ると首まわりと腕にもタツーをした若いあんちゃんだ。

さらに続いて左手から中年のおっちゃんが歩いてきて、

Ray次郎の目の前に立ち止まった。

右のポケットに手を入れて何かを取り出したが、

その時くしゃくしゃになった紙幣がRay次郎の足元に落ちた。

気づかない様子なので拾ってあげて声をかけた。

あなたのですか?とゼスチャーで示すと、

中年のおっちゃんは左隣に座っているタツーあんちゃんを指差し、

そっちからだろうみたいな素振り。

視線を左に向けあんちゃんに紙幣を見せると、ペラペラとスペイン語で話し始めた。

スペイン語分からない。

ペラペラとスペイン語。

分かんないってば、、、。

終いに怒った風の顔をしてベンチから立ち上がり、左手に歩いていった。

怒ることないのになあ、あっけに取られて見ていたが、

視線を戻すと立ち止まっていたおっちゃんの姿はなかった。

この間数十秒もなかったと思う。

しかし、この短い時間の間でRay次郎のサブリュックは見事に消えていたのだ。

しかも、Ray次郎はまだ消えていたことに気づかず、コーラを飲んでキャップをし、

小さいリュックにしまおうとして初めて気がついた。

リュックが無い!!

辺りを見渡しても二人の姿は既に無い。


その時のショックたるや、言葉では言い表す事ができないが、

あえて言うならば、「茫然自失」。


大きなリュックは右足元の床に置き、小さなサブリュックはさらにその右側に置いていた。

なので大きなリュックは右足に触っていたが、小さなサブリュックの感触はなかった。

自分の視界の中で安全だと思っていた油断を、まんまと視線をずらされて裏をかかれた。



サブリュックに入っていた物を金額の高い順に並べると、

1.ノートPC

2.Kindle電子書籍(ハードもさることながら購入した本30冊以上の金額も含む)

3.iPod(100枚以上のアルバムが入っていた)

4.ハズキルーペ

5.ユニクロのダウン

6.モンベルの折り畳み傘

7.地球の歩き方 ペルー.ボリビア

8.地球の歩き方 チリ.アルゼンチン

9.年間手帳(旅のスケジュールと出発してからの金銭出納帳記載)

10.三色ボールペン



アンタファガスタのバスターミナルには午後2時に着いた。

そして事件が起きた。

これからどうしよう、頭が真っ白になった。

ホテルにチェックインした後、気を取り直してまずは警察に出向く。

いちいち写真を撮る余裕もなく、とにかく必死だった。



警察署の盗難係の対応は親切だった。

盗難された仔細をゼスチャーを交えて話し、リュックの中身を1点ずつ説明した。

50802.jpg
(盗難前にたまたま撮っておいた写真です)


1時間にわたる聴取を終え、盗難レポートを出してもらいたいとお願いしたが、

後日報告書を作成し、メールに添付して送ってくれると約束してくれた。




なんであの時ちゃんとリュックを膝の上に置かなかったのか、めげた、気持ちが折れた、

PCが無くなってしまったショックは、2~3週間解消しなっかった。


コメント

コメントの投稿