回顧・オットー山

2017年5月20日(土)

今日も快晴、山に登ろう。

バスで市内から西へ5km行ったところにある乗り場まで行き、

52000.jpg



ゴンドラでオットー山に向かった。

52001.jpg

標高は1405m。

52002.jpg


眼下にウアピ湖を望める。

52003.jpg


山に中腹には民家もあるが、別荘や貸しロッジも見受けられた。

52004.jpg


頂上にたどり着くと、ウアピ国立公園を形成する山々が姿を現し、

52005.jpg



二つ山の頂上が教会の尖塔のように見える山が見えた。

52006.jpg

それがこの山の名前の由来になった「カテドラル山」(標高は南峰2388m、北峰2140m)




目を湖側に向けるとバリローチェの市内と、

520000.jpg

市内に面する東側のウアピ湖。

520001.jpg


西側の湖は小さな島々が連なり、遥か彼方に山々がかすんで見えた。

520002.jpg




バスで市内まで戻り、セントロ・シビコにたむろする記念写真屋と交渉、

52011.jpg


セント・バーナード犬と握手させてもらった。

52007.jpg


52008.jpg








コメント

コメントの投稿