方向音痴でまち歩き/テイオテイワカン


ダウンタウンからメトロに乗ってバスセンターまで30分。

正午の便で出発。ここから1時間の予定だ。

バスのそばをバンが通り過ぎる。

7テイオ1





かっての仕事に関係する日本のメーカーのロゴ、NTNはベアリングメーカー。

低い山肌に貼りつくように建っている、パステルカラーの家々。

7テイオ2



7テイオ3


どんな人たちがどんな仕事をし、どんな生活を送っているんだろう。

どこへ行ってもすぐそんな事を考えてしまう。

かなり繁華な町通りを過ぎ、

10分ほどで運転手が「テイオテイワカン ピラミッド」と叫んだ。

今日は見学しないが入口までは行ってみた。

7テイオ4


ここからホテルまでは南に4キロほどしかないので、歩いていくことにした。

ホテルはさっき通りすぎた繁華な町通りにあるはずだ。

後ろを振り返ると月のピラミッドが見える。位置的には正しいと思う。

7テイオ5


1時間ほどで先ほどの繁華な町に着いた。

歩きながら聞きまわるが、分からない。この町で1時間苦闘することになった。

歩いて探すのをあきらめて自転車タクシーに声をかけたが拒否され、

タクシーに乗れと言われる。

近くて拒否されると思ったが、タクシーを拾うことにした。

タクシーは町を抜け、テイオテイワカン方面へ向かう。

おいおい、違うよと言うが、ジェスチャーでこれで良いと言う。

はて!!と思った。Ray次郎の大勘違いだ!!

ピラミッドから南へ4キロ歩いていると思っていたが、反対の北に4キロ歩いてる。

ホテルはピラミッドから下に位置しているから南にあるのは間違いないが、

バスが着いたのはピラミッドの北側に着いたのだ。

南側に着いたとばかり早とちりして、地図を逆さに読んでしまった。

つまり、ホテルとは反対方向の北に向かって4キロ歩いたことになる。

なので、タクシーは4キロ南に走り、ピラミッドを通り越してさらに4キロ走ったことになる。



小さな集落にホテルはあった。ここでも運転手が聞きまわりながら探して、

ようやくたどり着いた。料金は100ペソ、700円。8キロでこの料金なら安い。



着いたのはホテルというより家族経営のペンション。

居間には結婚式や孫たちの写真が飾ってあった。

7テイオ8
eight="260"

7テイオ9




今回の部屋は2,800円。

スイートの個室に机、TVもついている、専用のシャワーとトイレが付属している。

7テイオ6

7テイオ7



いままでで一番環境が良い。

しかも、ここのオーナーおばちゃんがとってもフレンドリーだ。

お互い自国語しか話せないが、翻訳アプリで双方がスマホに話すと、

双方の言語で翻訳されて表示される。

これには助かった。これからもこの方法がベストだと思う。

R:「夕食はできますか?」 O:「タコスならできます」

R:「ビールはありますか?」 O:「店で買ってきてください」

R:「時間は?」  O:「あなたの好きな時」

これは本当に便利だ。





しばらくして居間をのぞくと、あばちゃんがガラスに向かって何やら手仕事。

7テイオ10


R:「これは何ですか」 O:「窓ガラス」

と言って庭に手招き。指さした窓をステンドグラスを変えるらしい。

今夜の客はRay次郎ひとりだけみたいだ。




明日はここから歩いてピラミッドへ向かおう。












コメント

No title

この部屋仕様で2800円はいいですね。  なるほど翻訳アプリもいいですね。俺も自分の日本語使いがままならないので日本語ーー>日本語で使ってみます。
良き旅を

コメントの投稿