いきなり富士山の8合目に降り立った



朝5時半、リマの宿を後にしてタクシーで飛行場に向かう。

aa1.jpg


リマークスコは飛行機で1時間。これをバスで移動すると12時間から16時間かかる。

aa2.jpg



アンデス山脈でしょうか、突き出た頂きにごっつい雪。

aa3.jpg


クスコに近づき、市内の全景。

aa7.jpg



着いてすぐはそんなに感じなかったが、ホテルに到着してしばらくすると、

心臓がバクバクし始めて、自然に深呼吸していた。

空気が薄いのを実感する、なにせここクスコは標高3,399m。

平地からいきなり富士山の8合目に降り立ったわけですから。

桜子で同宿だった薬剤師のショーコさんからもらった、ダイアモックスという

薬を飲み、ホテルに常備しているクコ茶を飲んだ。いずれも高山病に効く。

aa8.jpg


白湯が少し緑色になった程度で、味はほうじ茶を10倍に薄めた感じ。

aa9.jpg


今朝早かったこともあるし、心臓バクバクを抑える意味で安静にして、お昼寝。

一時間半ほど眠ったら楽になったので、たまった衣類を洗濯した。

ここにも洗濯機があり、大変助かりました。






夕方、世界旅行を始めて16か月目という宮島さん(40代、男性)と、

近くの食堂へ行き定食を頼んだ。スープ付で料理とご飯がセット、150円という安さ。

aa91.jpg



昼は気温が18度~22度くらいだったが、夕方はダウンを着ていても寒い。

その寒さのせいか、高山病の余波か分からないが、今夜はビールを飲まなかった。




コメント

体調回復したようでなりよりです。桜子の宿人や1年半のこの方、世界放浪旅してる日本人多いんですね。私も体力、気力が無くなる前に(知力は既に😆)行きたいです。 スープ付き150円カレー風ランチ、原価率研究所も真っ青ですね😃 よき旅を!

コメントの投稿