1日バスに揺られてプーノまで


マチュピチュへの基地の町・クスコを朝10時のバスで出発。プーノを目指す。

af3.jpg

乗り心地は悪くないが、トイレがない普通の長距離バス。

予定では8時間の移動時間だ。



町を過ぎれば、延々と山間地帯。

af5.jpg


af4.jpg


景色を眺めるか、本を読むかしかすることがない。

af1.jpg


出発から3時間、最初の休憩時間。ようやくトイレにありついた。

af2.jpg


またまた続く山と荒れ野。たまに小さな町を過ぎるが、休憩はない。


af6.jpg


夜6時過ぎ、プーノの町に着いた。

午後1時の休憩から連続走行する事、5時間。ペルーの人の膀胱はどうなってんだ 




プーノの宿は 「 Manco Capac Hostel 」、日本語では表記できません。

だって、放送禁止用語ですから、、、。






コメント

いつも楽しくて旅行気分を味あわせてもらっています。

宿も飛行機も予約済みだから予定通りなんでしょうがなんだかかなりハイペースで旅してるように感じますね

マチュピチュは冒険のようでしたね
あのジャングルやトンネル…
行くのはかなり大変そうでしたが、いつか行ってみたいものです
が、イマイチでした?

カナリ足腰鍛えたようですからレッスン復帰したらさぞかし素晴らしいフットワークに^_^

村への道のり、遺跡内での探索、トイレはどうしてるのかなぁ?なんて思ったんですが。な、な、なんですか!バスの5時間休憩無しって!
恐ろしい…

膀胱炎に気をつけて旅をマンきつして下さい

コメントの投稿