今度はチョコレート?


4月28日(金)

ラ・パスのホテルに着いた。

夕方、ミーテイングルームでパソコンと「地球の歩き方」を開いて、

ブログをアップしていたら、「こんにちわ」と声をかけられた。

この方、????子さん(本名は伏せておきます)、通称ルーさん。

40代の女性、独身、埼玉川越出身の看護婦さん。

2か月の休暇を取って南米とバラパゴス島へ。

10年前にも南米一周、東南アジアも詳しい。またまた旅話で久しぶりの日本語会話。



さて彼女が経験したお話。

チリのある町で、日本人の友達二人とリュックを背にして歩いていた。

後ろから「チョコレートがついてるよ」と声をかけられた。

リュックを背中から降ろして、見てみたらベットリと液体状のチョコレートがついていた。

しかも二人とも。

すると、前方からテッシュを持った男が近寄ってきた。

トイレットペーパーもまともにない国で、テッシュっか?

他にもなにやら野次馬然とした男が集まってきた。

あっ、あれだ!と思った。

前に宿で、ケチャップ強盗の被害にあった寄書を読んでいたので、

咄嗟に、これはそのチョコレートバージョンだ、と気づいたそうです。

友達に日本語で合図しながら、とにかく人をかきわけ、次の瞬間猛ダッシュで逃げた。

チョコレートがべっとりとついた事以外は、被害がなかったというお話。

後から思えば、チョコレートかける係、声掛け係、テッシュ係、

野次馬係のグループ強盗ではなかったか。




ほかにももう1件、首にひもでつながっていた財布をすられたが、

ひもが繋がって取れなかったので、相手が諦めたという話。



実際いろいろあるんですね、こんな話が。



ルーさん、明るくて、話上手。

そして大人の女の雰囲気(ごめんなさい)を持っていました。

今回の旅で一番楽しみにしているのはバラパゴス島の3泊4日のクルーズツアーとか。

窓もない部屋を取って一番安いクラスの料金24万円+飛行機代で30万円近い。



今夜8時半のバスで移動するので、ちょいの間の会話でした。

「Ray次郎のブログを読ませてもらいます」、と言って元気にホテルを出ていきました。

そしてその旅姿は、大きなリュックを背負い、

虚無僧が下げているようなチャック付きの四角いバッグをしっかり首にかけ、

ネックピローも首に巻いて、なにやら手提げ袋も手にさげて、、、たくましい。

戦国時代の野武士のようです。刀を持たせてあげたいくらい。



ルーさん、元気に、いってらっしゃい~~。




コメント

ルーさん

素敵な方ですね😊

お久しぶりです。

自分の事がブログにのるって何とも気恥ずかしいものですね。
無事に楽しく旅を続けていらっしゃいますか?

私は、ボリビアから始まりガラパゴスを経由した旅もコロンビアのカルタヘナで終了し、先日日本に帰国しました。
ガラパゴスのクルーズの予約が取れていないというハプニングもありましたが、ちゃんと行ってきましたよ!
しかし旅は麻薬みたいなもので、また行こうかと画策中です。

まだまだ先は長い旅になりますから、くれぐれもお体には気を付けて、めーいっぱい楽しんでください。

仕事に復帰しましたか?

ルー様

コメントありがとうございます。

チリでの盗難事件以来たいしたトラブルもなく、旅を続けています。

今モロッコのマラケシユに滞在中。

写真は掲載できていませんか、8月末ころにパソコンが届いたら、文章だけの南米の記事に写真をアップして「回顧編」として再度アップします。

そしたら又ときどきオロナインを覗いて見てください。

コメントの投稿