韓国青年とドイツ人カップルと相部屋

2017年4月29日(土)

ラ・パスの宿は安宿のドミトリー。3人部屋で1泊600円。ここに3泊する。

昨夜一緒だったのは、韓国の青年1人だけだった。

彼は大学を卒業したばかりで、2か月南米を旅した後帰国すると、

そのまま2年間の兵役生活を迎える。

彼のインスタグラムを見せてもらう。

バンジージャンプ、サンドバギー、マウンテンバイクツアーなど遊びの

写真や動画が満載されていた。

宿は安宿だが、遊びには金の糸目をつけないようだ。

これからチェックアウトし、どこかに泊りがけで旅し、

日曜の夕方にまたこのホテルに戻ってくる。

一晩自分の荷物を預かってほしいと頼まれた。荷物を軽くして出かけたいらしい。

Ray次郎のベッドの下に大き目の袋を2つおいて、さっき出て行った。



朝10時、1組の若いドイツ人のカップルがチェックインし、この部屋に来た。

今晩はこのカップルと3人の相部屋になる。

挨拶を交わし、少し話しをしてから宿を出て、まち歩きを始めた。




コメント

韓国の青年

2年間の兵役があるんですね。 日本はへ~~わですね。

facebookのメッセンジャーでmatthiasの投稿をshareした写真を送りました🍀
water

コメントの投稿