アパートタイプのお泊まりはゼスチャーゲーム

2017年5月24日(水)

オラバリアに午後2時に到着。

タクシーに乗る金もなさそうなので、

バスターミナルのインフォメーションセンターでATMの場所を聞いた。

英語で説明しても通じない。

カードを財布から出して、差し込む引き抜く、現金を取り出すゼスチャーをしたら、

ようやく分かってもらえた。

現金を手にしたところでタクシーに乗ってホテルへ。


今日の泊まりはアパートタイプ。

目的のアパートには着いたが、正面ドアに鍵が掛かっていて中に入れない。

15分ほどドアの前で待っていたら、アパートの住人がたまたま来たので一緒にいれてもらった。

階の両側に2室内づつある4階建てのアパートの2階の#3号室が予約した部屋だ。

部屋をノックするが応答無し。この時間に到着することはオーナーにメールで知らせてあったのに。

オーナーの携帯電話番号は分かっていたが、

実はRay次郎のスマホは着信はできても、なぜか発信が出来ない状態で、電話をかけられない。

お隣の#4号室をノックする。太ったおばちゃんが出て来たので、

またゼスチャーでオーナーに電話をかけてくれるようお願いした。

電話で用件が通じたらしい。

きっとオーナーが鍵を持ってここまで来てくれると思ったが、、、、

そうではなかった。

おばちゃんの手招きで外へ連れ出され、待っていたらタクシーが来た。

手招きで乗れのゼスチャー。

言われるままにタクシーに乗り、10分ほどしたら
普通の住宅の前。

どうやらオーナーの自宅らしい。

オーナーおばちゃんはかなりのお年で、こちらも英語が通じない。

そこはそこ、目的は分かっているので2泊の料金を払って鍵をもらおうとしたが、

1泊しか予約されていないと主張された。(ここら
辺は筆談)

らちがあかないので、1泊分の料金を払い鍵をもらい、待たせてあったタクシーでアパートに戻った。

戻ったら正面ドアの前で#4号室のおばちゃんが立っていた。

中に入らないで、ここで待てとゼスチャー。

2人で一緒に待つこと10分。

するとオーナーおばちゃんが車に乗ってやって来た。

オイオイ、最初からそうすりゃいいじゃん!!

でも、どう言う事?

オーナーおばちゃんがゼスチャーで言う事には、

2泊オーケーで部屋は#3号室ではなく、1階の#1号室に変わったらしい。

やれやれ、ともかくもう1泊分の料金を払い、

3日後の朝10時に部屋の鍵を受けとりに来る事を筆談で確認して、お引き取り願った。

今日のバス紀行も長かったが、その後のゼスチャーゲームも長かった。





コメント

おらバリア

長旅後のおばちゃん達とのゼスチャーゲーム、ご苦労様でした。この街で2泊、どんなところなんでしょうか。レポート楽しみです😊

コメントの投稿