体育の先生がこんなに美人でいいのかなあ?

2017年5月26日(金)

オラバリアのバスターミナルへ歩いて行く途中に、床屋さんがあったので入る。

客用の回転椅子が1脚、大きな鏡の前にはバリカンなどの道具が並んでいるだけで、洗髪してくれそうな設備は見当たらない。

3種類のバリカンを駆使して15分もしないで、

散髪一丁あがり~い。料金は770円でした。



午後1時のバスに乗りブエノスアイレスを目指す。

5時間半の乗車で午後6時30分には到着する予定。

お隣の席にドキッとするような若い美人が座った。

すぐにリクライニングを倒してお昼寝を始め、3時間はお目覚めしなかったが、

ブエノスアイレスに近くなってお目を覚まされた。

(美人の方には敬語がふさわしい)

スペイン語で何か話しかけられたが、

「ノーエスパニョーラ」と答えると、スマホを取り出して翻訳アプリの英語で返された。

Where are from?

From Japan

それからスマホをはさんでお話しした。

学生くらいの年かと想像していたが、中学校の体育の先生だった。

ブエノスアイレスに着くまでの短い時間だけだったけど、楽しい時間を頂戴させていただき、

ありがとうございました。(美人には敬語がふさわしい)

午後6時45分、ほぼ予定通りに、バスゲートが見渡すほど並んでいる大きなターミナルに到着した。


コメント

No title

こういう記事の時こそ写真見たかった!

いいと思います!

あれっ?

早起きの呑んべぇ爺だけが知ってます。当初、タイトルは「ブエノスアイレスの街並み」だったと思います。計画的なray次郎さんの事なのでバス到着後のブエノスアイレス町歩きの事前原稿を書こうとしてたのだと思います。それがこの幸せな事態に遭遇し、中身とタイトルが違ってしまったものと推察します。 次回のブエノスアイレスの街並みのレポートはこの美女との共著になるんですね。😍

コメントの投稿