ついに遭遇、南米の伝統芸

2017年5月27日(土)

今日は土曜日、車も人も少なく町の通りは閑散としている。

北野旅館でサンテルモ館の住所を書いてもらった紙を手にし、小さなリュックを背中にしょって、

一方通行の小路をキョロキョロしながら歩いていた。

短く散髪したばかりの頭に何か落ちてきたので、
上を見た。

通りの建物からだれか水でもまいたのかと思ったが、だれもいない。

そこらじゅうから酸っぱい臭いがする。

髪を触ってこれかと鼻に近づけると、強烈な酢の臭いがする。

反対側の歩道からテイッシュを手にしたあんちゃんが、スペイン語でなにか喋りながら近づいてきた。


おお~、ついに遭遇したぞ南米の伝統芸。総称して「ケチャップ強盗」

ガイド本にさんざん注意喚起の記事があり、

実際にチョコレートをかけられた経験のあるルーさんからも話をきいていたので、

このあんちゃんが伝統芸の後継者であることはすぐに分かった。

当然無視して歩く。

まだ近づきそうな歩みを見せたので、手を振ってあっち行けサインをした。

それで諦めたのか、テイッシュをポケットにおさめて歩き去った。

無事サンテルモ館にたどり着いて、テツさんとリュックを見たら緑色をしたソースのようなものが点々と付着していた。

後で聞いたらテツさんも久美さんもリュックに液体のようなものをかけられた経験があるそうだ。


自分にも来るとは、、、、。

南米の伝統芸の洗礼を受け、これで晴れて真の日本人旅行者になりました。



コメント

コメントの投稿